9436円 なーむくまちゃん工房ブランド 【経机】 仏具 紫檀調・黒檀調・ケヤキ調 18号 幅54cm ケヤキ調 ホーム&キッチン 仏具・神具 経机・お供え机 9436円 なーむくまちゃん工房ブランド 【経机】 仏具 紫檀調・黒檀調・ケヤキ調 18号 幅54cm ケヤキ調 ホーム&キッチン 仏具・神具 経机・お供え机 なーむくまちゃん工房ブランド 【88%OFF!】 経机 仏具 紫檀調 黒檀調 18号 幅54cm ケヤキ調 なーむくまちゃん工房ブランド 【88%OFF!】 経机 仏具 紫檀調 黒檀調 18号 幅54cm ケヤキ調 ホーム&キッチン , 仏具・神具 , 経机・お供え机,仏具,紫檀調・黒檀調・ケヤキ調,ケヤキ調,puregarden.jp,18号,9436円,なーむくまちゃん工房ブランド 【経机】,幅54cm,/incentor1059344.html ホーム&キッチン , 仏具・神具 , 経机・お供え机,仏具,紫檀調・黒檀調・ケヤキ調,ケヤキ調,puregarden.jp,18号,9436円,なーむくまちゃん工房ブランド 【経机】,幅54cm,/incentor1059344.html

なーむくまちゃん工房ブランド 88%OFF 経机 仏具 紫檀調 黒檀調 18号 セール特価 幅54cm ケヤキ調

なーむくまちゃん工房ブランド 【経机】 仏具 紫檀調・黒檀調・ケヤキ調 18号 幅54cm ケヤキ調

9436円

なーむくまちゃん工房ブランド 【経机】 仏具 紫檀調・黒檀調・ケヤキ調 18号 幅54cm ケヤキ調


商品の説明

1

【POINT 1】
「おりんや、お供え物を置くのに便利」


花立てや香炉、ローソク立て、線香立て、おりんなどを置いてお使い下さい。
本来はお経の本を置く台である事から「経机」と呼ばれています。
経机を使うと、座った状態でおまいりができ、線香やローソクなどの扱いも便利で安心してお使いいただけます。

【POINT 2】
「お仏壇と合わせてコーディネイト」


唐木仏壇と色合いが合いますので、お仏壇とセットでお使い頂けます。
経机掛けを敷いて使うと、華やかな雰囲気になります。

1

【POINT 3】
「大切なものを守る桐の引き出し」


引き出しには数珠やお経の本などを収納することが出来ます。
引き出しは、湿気や虫を寄せ付けない桐を使用していますので、大切な数珠や仏具を収納する際にも重宝します。

また引き出しは完全に取り外すことが出来ますので、お掃除のときもお手入れが楽になります。

【POINT 4】
「傷防止のフェルト」


脚の裏側にキズつき防止のためのフェルト生地を貼っています。
フローリングや畳を傷つけることなく安心してご利用いただけます。

【POINT 5】
「筆返し付き」


机の左右には美しいデザインの筆返しが付いています。
筆返しの由来は筆などが転がり落ちないように取り付けたことによるものです。

【POINT 6】
「シャープなデザイン」


引き出し部分にはシャープデザインが施されています。

【POINT 7】
「選べる3色」

紫壇調・黒壇調・ケヤキ調の3種類からお選び頂けます。

”黒壇調”
黒壇の縞模様を基調としています。
主に黒壇のお仏壇や、落ち着いた色目のお仏壇におすすめです。

”紫壇調”
赤みがかかった茶色で深みがあります。
主に紫壇のお仏壇や明るい色目のお仏壇におすすめです。

”ケヤキ調”
黄味がかかった薄い茶色で、明るい雰囲気になります。
モダンな家具調仏壇と相性が良いです。

なーむくまちゃん工房ブランド 【経机】 仏具 紫檀調・黒檀調・ケヤキ調 18号 幅54cm ケヤキ調

四月十四日(火)

 泊まりの仕事であったが、特に急な依頼もなく、朝まで眠った。
 いつも通りの時刻に起きて、汗を流し、朝食を摂る。感染症の影響で、今日から朝の定例会は開かれないこととなっている。なくても大きく困ることはないが、長年の習慣であったから、なんとなく仕事が始まって気がせず、拍子抜けする。
 日中も突然な案件はなく、予定されていた業務をのんびりとこなした。いよいよ軌道に乗ってきた気がする。夜勤明けなので、定時に帰る。仕事を残すことなく帰宅するのは気持ちがいい。
 今日は酒を飲むことにした。 恋人は夜勤なので電話できない。
 明日は外勤だから、あまり夜更かしはしないで休むことにする。


  1. 2020/04/14(火) 23:52:37|
  2. 日記
  3. | 国産メロンジュース無添加100%フレッシュジュース【15袋】自然農法【熨斗対応可】
  4. | コメント:0
次のページ

筆者紹介

Author:シバケン

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

トラックバック